矯正治療で歯の歪みを治そう|歯科で美しい歯を手に入れる方法

虫歯になりにくい方法

歯医者

歯の歪みを綺麗に治してくれるのが多くの歯科で行なわれている矯正治療です。矯正治療の方法はいくつかありますが、一般的に使われているのがブラケットを用いる方法です。ブラケットというのは歯の表面に取り付ける金属の装置のことです。これにワイヤーを取り付けて引っ張ることで歯の並びを少しずつ動かしていきます。徐々にしか動かすことができないため1年半から2年以上はワイヤーを取り付けたままの状態になるでしょう。普通のブラケット矯正は人から見える歯の表側に装置やワイヤーが付いています。あまり見た目がよくないこの状態を約2年も続けなければならないのです。そこで、一部の矯正歯科ではそんな見た目を改善するために裏側矯正という方法も取り入れているのです。裏側矯正は舌が当たる歯の裏側に装置やワイヤーを取り付けて治療を行なう方法です。これなら口を開けたときに人から気づかれることもありません。長い間見た目を気にすることなく治療をすることができるのです。

裏側矯正は、舌が当たる部分に装置を取り付けるので普通に矯正するよりも虫歯になりにくいというメリットがあります。矯正装置があるとどうしても食べカスが溜まりやすくなり、虫歯のリスクが上がってしまうのです。しかし、裏側矯正の場合は装置が唾液に触れる部分にあります。そこに食べカスが残っていても、唾液が細菌の繁殖をある程度抑えてくれるので虫歯になりにくいのです。また、楽器を吹きやすいというのも裏側矯正の特徴です。口を当てて吹く楽器の場合、表側に装置があると引っかかってしまうでしょう。しかし、裏側矯正の場合はその心配がありません。治療期間も表側とほとんど変わらないのです。目立つ上の歯だけ裏側矯正を取り入れるという人も少なくありません。