矯正治療で歯の歪みを治そう|歯科で美しい歯を手に入れる方法

数ヶ月の治療期間

歯

失った歯の部分を埋めるためにインプラント治療を検討しているという人は少なくありません。インプラント治療というのは歯茎から顎にチタンでできた土台を埋め込んで、その上に人工歯を取り付けるという方法です。入れ歯やブリッジと違い骨や歯茎と馴染んだ土台があるので、ぐらつく心配がないのです。また、他の天然の歯と同じような力で物を噛んでも痛くなることはありません。入れ歯の場合は噛むことで歯茎に負担がかかり痛むことがありますが、インプラントなら平気なのです。しかも、金属の部分は歯茎に隠れているので見た目も美しくなるというメリットがあります。入れ歯やブリッジがあわなくて悩んでいたという人は金沢や大きな街の歯科でインプラント治療ができるか聞いてみましょう。

インプラントを一本入れるのに金沢や他の地域の歯科ではどれくらいの期間がかかるのでしょうか。治療の平均的な期間は3ヶ月から10ヶ月だといわれています。人によっては虫歯や歯周病の治療を綺麗に終えないとできないことがあるので、更に長い期間がかかるでしょう。金沢の歯科でインプラントの治療をした場合、最初に診断や精密検査が行なわれてそのあとに手術をします。最初の手術でインプラントを歯茎や顎に埋め込んだら、それが結合するまでに数ヶ月の定着期間が必要になります。それが過ぎた頃に2回目の手術が行なわれ、そこで連結部分が取り付けられるでしょう。その後も少し時間を置いてから人工歯を取り付けるのです。また、早く治療をしたい場合には1回で手術を終わらせるという方法もあるのです。金沢の歯科でより詳しい説明を聞いてみるといいでしょう。